トレーラーと切っても切れない!フォークリフトの仕事のメリットとデメリット

フォークリフトの仕事のメリット

トレーラーなどに大量の荷物を積み込んだり、配達後に積み下ろしをするのに活躍するのが、フォークリフトです。フォークリフトを使うと重い荷物でも、また高い場所への積み込みや積み下ろしも楽にできます。フォークリフトを運転するには、国家資格であるフォークリフト免許を取得する必要があります。フォークリフトの仕事のメリットは、車両の運転となり、立ち仕事や力仕事ではないため、幅広い年齢層の方が従事できることにあります。また、フォークリフトの求人は比較的多く、資格取得者しか運転できないことから給料が高めに設定されています。国家資格といっても比較的簡単に取得できる免許なので、定年後に新たな仕事につくことを考えている人が取得するケースが目立ちます。

フォークリフトの仕事のデメリット

免許さえあれば楽に仕事ができるイメージがあるフォークリフトの仕事ですが、デメリットもあります。構内や敷地内で荷物を移動させる仕事ですが、大量の荷物を運べる分、荷物を落としたり、ぶつけて壊してしまうと損害が大きくなります。そのため、作業には繊細さが求められます。かといって慎重に運ぶと時間がかかり、その後のスケジュールに支障をきたしてしまいます。それで、フォークリフトの仕事には、慎重かつ大胆に、また正確かつスピーディーな作業が求められる点が厳しい部分です。さらに、フォークリフトの仕事は、構内の従業員とともに行います。十分注意していないと接触したり事故を起こす危険性があるため、運転手側の責任や安全意識が求められます。

大型のトレーラーは大きくて長いため運転操作は複雑になります。そのため、トレーラーの求人に求められる事は他の車や通行人を守るためにもマナーを守る事が大切です。