魅力いろいろ!警備員として働く3つのメリット

仕事を通して成長できることが沢山ある

警備員の仕事はただ立っているだけの退屈な仕事で、成長できそうにないと思っている人も多いでしょう。しかし、警備員の仕事を通していろんな成長ができます。異常がないかチェックしながらじっと立っていることは、とても忍耐力が必要です。それを毎日続けることで、自然と忍耐力が身につくのです。それだけではありません。一見人間関係が希薄そうな警備員の仕事ですが、クライアントや社内の人とのコミュニケーションも欠かせません。仕事を通じて礼儀正しい立ち振る舞いと、コミュニケーション能力を磨くことができます。

サービス残業がないことが多い

警備員の仕事は時間がきっちりと決まっていて、営業職や事務職のようにサービス残業をしなくてはいけないことは殆どありません。自分が仕事した時間がきっちりと給料に反映されるのがとても魅力的です。また体力仕事である分、事務職よりも給料がいいことが多いです。

いろいろな職場を経験出来て楽しい

警備員として働く場所はスーパーの駐車場だったり、美術館の中だったりといろんな場所があります。それぞれの場所でいろんな人に出会うことができるのも警備員の魅力です。同じ場所にずっといるわけでなく、さまざまな場所で働けることは気分転換にもなるでしょう。飽きっぽい人でも職場に飽きることなく働けます。警備をする対象物も、人だったり高価な宝石だったりと場所によって変わるので、警備をする場所が変わるたびに新鮮な気持ちで働くことができます。

仕事を通して様々なスキルが身に着けられる

警備の仕事をすることを通して、防犯意識や事前に危険を察知する能力を身に着けることができます。また警備の仕事をするにあたって防災知識が必要となり、AEDの使用の仕方や救命措置、防火の方法などを学ぶことができます。

警備員の求人は、福利厚生が充実した正社員の募集もあります。未経験でも応募でき、年齢や性別不問の場合がほとんどです。