少しだけ特別な存在?工場でのフォークリフト免許の有無とは

フォークリフト免許の有無とその存在

フォークリフトは工場などにおいて、大量の荷物を運ぶのに使われている運搬専用のマシーンです。パレットに載せた何百キロもの荷物をすいすい運べるため、重い資材を使っている工場では必須のマシーンと言っていいでしょう。ただしこれを運転するには専用の免許が必要なので、運転の仕方を教えてもらえば使えるというものではありません。

工場の作業と言うと、比較的「教わってすぐにできる作業」が多いため、大抵はフォークリフトの免許などは持っていない人達で作業員は構成されます。そして、フォークリフトの免許を持っている人を特別に雇って、そこでやっと作業がスタートできると言っていいでしょう。そのため作業員の中ではフォークリフト免許持ちは貴重であり、替えが効かない存在と言えます。当然、給料も高く設定されているところが多くなります。

フォークリフト運転者のメリットとデメリット

フォークリフトを運転できる人のメリットとしては、フォークリフトを運転する作業が優先されるので、重い荷物を手で運んだりする作業をしなくていい点です。もちろん手が空いていれば手伝う必要がありますが、基本的にはフォークリフトの運転が優先されるので、割合が少なくなることは間違いありません。

しかしデメリットもあり、運転手は相対的に少ないため、休みが取りにくいのです。必ずいなければいけないのに人数が少ないので、例えば2人しかいなかったとしたら同時に休めません。土日も動いている工場などではシフト制にしなければならず、かなり融通の利きづらい環境になってしまうと言えるでしょう。

フォークリフトの求人で多い業種は物流です。近年は通販事業の活性化により需要が増え、求人が多くなっています。