薬の専門家、薬剤師とは?その仕事や資格、働き方について

薬剤師ってどんな仕事?資格は必要?

薬剤師とは、患者が医師から処方された薬を調剤・販売したり、薬品を管理することが主な仕事です。調剤薬局や病院、ドラッグストアが主な勤務先で、その他では、薬品開発などの仕事で製薬会社に勤務することもあります。薬局や病院では、患者に対して薬についての説明をしたり、患者から薬や病気についての悩みを相談されたりするため、きちんと人に寄り添えることも要求されます。薬剤師として働くには、大学の薬学部で6年間学んだ後に薬剤師の国家試験を受け、それに合格することが条件となりますが、合格率は大学によりまちまちです。

薬剤師の求人はどう探す?働き方は正社員だけ?

薬剤師の求人は一般の求人サイトなどにも掲載されていますが、薬剤師専門の求人サイトもあり、求職者の希望に合った勤務先を見つけやすいです。また、病院によってはホームページに求人情報を掲載しているところもあります。現在は病院の近くに調剤薬局が必ずといっていいほどありますし、ドラッグストアも増えていますので、求人数としては比較的多い職種だといえます。働き方は多様化しており、正社員以外にも派遣やアルバイト・パートなどもありますので、他の職種と同じく希望に応じた働き方を選ぶことが可能です。ブランクがあっても応募可能な求人もたくさんありますし、パートでの働き方も選べますので、女性が結婚・出産してからも、安心して働くことができます。また、資格がないと働けない専門職ですので、介護などでフルタイムの勤務ができない人や年配の人なども、求人を探しやすい職種といえます。

薬剤師は独立して薬局を経営するか病院勤務や研究職につく事が多く、民間薬局は常に薬剤師不足です。病院勤務ほど激務ではなく、研究職ほど拘束時間がない民間薬局の薬剤師のシニア求人は待遇も環境も良いです。