ここは押さえておきたい!新卒採用のためのコツとは?

自社の状態とマッチングする人材を探す

新卒採用をする際に最も重要なコツとして挙げられているのが、自社の状態を把握することです。

会社の状態や環境はその年によって異なっており、それに合わせて採用しておきたい人材のポイントも少しずつ変わってきます。そのためまずは自社の状態を把握して、今の会社にはどのような人材が必要とされているのか、必要となる人材の条件にマッチングしているのかどうかを検討することが大切です。

また把握した会社の状況も変わってくる可能性があるため、その都度修正や変更をしながらマッチングする条件やポイントを見極めることも必要だとされています。

面接で聞くべきポイントを把握する

新卒採用で必ず行うのが面接であり、企業によっては1次面接や2次面接など段階を追って人材を選定していくところもありますよね。

このように段階を追って選定していく面接システムの場合は、1次面接では基本的なコミュニケーション能力、2次面接では志望動機、そして最終面接で改めて志望動機と熱意を確認します。そうすることで、会社に最低限必要な能力を持っている人材を選定することが可能と言われています。

1回の面接で採用するかどうか決めるシステムの場合は、基本的なコミュニケーション・志望動機・熱意の3つのポイントを押さえて面接の質問をすることが良いです。

採用辞退を回避するコツもつかんでおく

どんなに条件の良い人材を選定できたとしても、採用を辞退されてしまう可能性はあります。このため採用辞退を回避するためのコツもいくつか理解して押さえておくと、確実に会社に必要な新卒を採用することができます。

新卒採用コンサルティングは、採用の提案と実務を引受けるサービスです。新卒者は会社の将来を担う重要なリソースで、確保には常に新しい情報と手間が必要です。それをプロに任せる事で費用削減と効率化が図れます。